キャンプ場体験レビュー

初めてのファミリーキャンプは収納のせいで大失敗!石岡市つくばねオートキャンプ場はいつかリベンジすると決めた【体験談】

2018年7月。

むすこが4歳・むすめが1歳のときにファミリーキャンプデビューをしました!

準備不足のせいで、広々とした草原の坂道や遊び場で思い切り遊べず悔しい思いをしました。

いいキャンプ場だったので、いつかリベンジしたいです!!

この記事では、初めてのファミリーキャンプでの失敗を振り返ってみたいと思います。

撮影の余裕がなかったので、写真がほぼありません(笑)

【石岡市つくばねオートキャンプ場】茨城

2018年7月21日~22日(天気:晴れ)

予約月の3か月前から予約可能予約する(なっぷ)

チェックインが遅れた

つくばねオートキャンプ場はチェックインが14時からでした。

家をのんびり出発し,途中寄り道したりしてたらキャンプ場についたのが15時過ぎ。

これが最初の大失敗…。

受付をして設営が終わる頃には、なんと16時半を過ぎていたんです。

子供たちの遊ぶ時間がほぼありませんでした(ごめんね…)

そんな親たちの事情は子供には関係ないので…

遊びたいのにパパとママは遊んでくれない。暑い。

その結果、どんどん子供の機嫌が悪くなっていきました。

早めに行って、チェックイン時間まで待つくらいの余裕を持つべきだった。

事前にテントの設営方法を調べておけばよかった

ファミリーキャンプ用に購入したワンポールテント。

本来なら女性一人でも20分くらいで設営できるはずなんですが、

当日説明書を見ながら設営したら,めちゃくちゃ時間がかかってしまいました。

事前にテントの設営方法を下調べしておけばよかった

タープの位置もうまく決まらなくて、2回設営しなおしました。

テントとタープの配置を勉強しておけばよかった

テントとタープの配置決め(レイアウト)のコツは安全のためにも覚えておくべき!一度覚えたらどこでも応用できる! テントとタープをテキトーに配置したせいで何度も失敗している我が家。 タープ内に風がびゅんびゅん入り込んで荷物が飛ばされる風で火...

テントとタープの配置決めは大切!ポイントを覚えておけばいつでもどこでも応用できるよ!

初めてのファミリーキャンプでバーベキューは無謀

設営で体力を全部使い切った私。

その体に鞭打ってご飯の用意をするのは拷問に感じました。

持ってきた食材はほとんどがBBQ食材だったので焼かないと食べられなかったんです。

最初からバーベキューなんて大変なことしようと思っちゃダメでしたね…。

ガスバーナーでお湯沸かして、レトルトカレーとかカップラーメンでよかったなぁ。

最初からバーベキューはかなりハードルが高い

焼かなくても食べられる軽食を持っていけばよかった

炭をケチったらひどい目に合った

持ってきた食材は焼かないと食べられないので、火を起こすしかありません。

持ってきたのは100均の炭…

すぐに燃えてよかったけど…あっというまに灰に💦

あれ!?着火剤と間違えた…!?

よくわからないまま煙だけがモクモク…

炭はケチっちゃダメ

子供たちはおなかがすいて2人ともぐずっていました。

夫は火起こし、私は子供の相手。

使いたい皿や箸が見つからない。肉を焼くトングや菜箸がない。

暑くて汗だくになりながら子どもを抱っこし、箸を探している私。

本当につらかったですね~(笑)

使いたいモノをすぐ使える収納にしておかないと大変

子供たちを連れて必死のお風呂

このキャンプ場はコインシャワーがあるので、汗だけでも流したくて利用しに行きました。

子供たちの汗を流し、自分は洗ったのかわからないくらい高速で終わらせた記憶があります(笑)

もうここで歯磨きも終わらせてテントへ…

花火タイムでようやく笑顔になれた

すらすらきゃんぷで花火を楽しむむすこ
子供たちの楽しそうな声にホッ。

歯磨きもしたし、あとは寝るだけ…!

寝る前に子どもたちと約束した花火タイムです。

ようやくここで少し私の心に余裕がもどってきました。

このキャンプで唯一撮ったのが花火の写真です。

今日は本当に子供たちに申し訳なかったな…

と思いながら花火する子供たちを見ていたら、2人ともすっごくいい顔で笑ってたんです。

その顔をみて、なんだか泣きそうになってしまいました。

疲れ果てたので、花火の後は子供たちと一緒に寝ました。

本当はここのキャンプ場、星空がキレイらしいんです。

やっぱりいつかリベンジしたいなぁ。

朝ごはんはのんびり作っていられない

翌日の朝は、のんびりコーヒーを…

なんて言ってる余裕はありませんでした(笑)

持って行ったワンバーナーと小さなフライパンでウインナーをちまちま焼いていたら

子供たちは待ちきれなかったようで食パンをそのままかじりはじめました。

朝ごはんは全員分一気に作らないと時間が足りない、ですね…

卓上のガスコンロとを持っていく、もしくは朝は調理なしでもよかった。

子どもたちは食パンでお腹が満たされたらしく、遊びながらウインナーをつまんでいました。

なんだかなーと思いながらゆっくりする余裕もなく片付けスタートです。

 チェックアウト時間に間に合わない

つくばねオートキャンプ場のチェックアウト時間は10時です。

撤収にどのくらい時間がかかるか想像つかなかったので、早めに片付け始めました。

が。

子どもたちの相手をしながらの片づけは、かなり大変で…。

昨日も遊べなかったし、と思って子供を優先していたらあっというまにチェックアウト時間!!

最後はかなり急ぎましたね。

車の中にどう収納するかが決まっていなかったので、雑に積み込んでぐちゃぐちゃのまま帰宅しました…

片付けは想像以上に時間がかかる。

車内の収納場所が決まってなかったから積み込むのが大変だった。

帰宅後の片づけに絶望

家に帰宅し、残ったのはぐちゃぐちゃのキャンプ道具たちです。

洗濯モノも大量。夫は次の日仕事。

私は下の子の相手をしながら普段の家事とキャンプ道具の片づけをしないといけません。

正直大変すぎて

「…いったい私は何でこんなことをしなくちゃいけないんだろう?」と思ってしまいました(笑)

キャンプ場でしっかり片付けをしておけば帰宅後の片づけが最小限で済んだ

まとめ|初めてのファミリーキャンプは改善点がもりだくさん

初めてのファミリーキャンプでの教訓をまとめました。

  • チェックイン時間には余裕をもって到着
  • テントの設営方法は事前に動画などでチェック
  • テントとタープの配置を勉強しておく
  • 初めてのキャンプでバーベキューはしなくてOK
  • 調理しなくても食べられるものを持参
  • 炭をケチらない
  • 道具の収納場所を全部きちんと決めておく
  • 朝ごはんに時間をかけない。
  • ガスに頼ってOK
  • 片付け(撤収)は想像より時間がかかる
  • 車の収納場所もきちんと決めておく
  • キャンプ場で片付けを済ます(家では最小限に)

※マーカーをひいた項目は「収納」に関する改善点

初めてのファミリーキャンプでの失敗を無駄にしたくない…!

と思ったので、2回目のキャンプの前にめちゃくちゃ頑張って準備をしました。

特に収納に関しては、かなり勉強・試行錯誤をしましたよ。

そのおかげで2回目のキャンプはめちゃくちゃ楽しめました^^!!

このキャンプ場はいつかリベンジするぞぉ~!

【石岡市つくばねオートキャンプ場】茨城

2018年7月21日~22日(天気:晴れ)

予約月の3か月前から予約可能予約する(なっぷ)

ABOUT ME
ミカ
ファミリーキャンプ歴4年目。キャンプの片づけ・撤収の効率化を考えることに楽しさを感じている30代2児の母。整理収納アドバイザー2級。収納で家とキャンプを快適にするヒントを発信中。